若狭焼き(わかさやき)の意味【和食の雑学、料理用語集】

若狭焼き(わかさやき)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

若狭焼き(わかさやき)とは

酒焼きの一種で、塩をあてた魚や魚の干し物に用いる焼き方です。

そして、この焼き方は「うろこ」をつけたまま焼きます。

甘鯛の開き,姿焼き,花れんこん甘酢漬け,焼き目湯葉八方煮

焼き上がりの皮目に酒、または酒と少量の醤油を混ぜた「若狭地」を2~3回かけてこんがりと焼き上げます。

■ 若狭のグジ(甘鯛)を酒焼きしたことからこの名が使われています。

和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク