わらびのお浸しを作るときの調味料割合【和食の配合手帳】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【わらびの煮汁】

今回は、わらびのお浸しを作るときの調味料割合をご紹介したいと思いますので、和え物の下味や煮物の参考にされてはいかがでしょうか。

煮物の調味料割合集

わらびのお浸しだし

【調味料の割合】

だし 800㏄
みりん 50㏄
うす口醤油 50㏄
大さじ1杯
小さじ1杯

下ゆでしたわらびを煮汁に浸けて味を含ませる場合は、上記の調味料をひと煮立ちさせてから冷やしてください。

【関連】

春の食材、頭の体操 Q&A

【山菜の漢字クイズ問題集】

わらびのアク抜き方法■山菜・わらびを色よくゆでるアク抜きと下ごしらえ【灰汁(あく)・灰あく汁の作り方】灰汁(あく)とは ① わら灰や木灰など植物の灰を水に浸して得られる上澄み液のこと。(上澄み液の灰汁は、灰あく、または灰あく汁と呼ばれることもあります)② 食品に含まれる不要な味や好ましくない成分の総称として使う言葉で、材料自体がもつ強いクセのある味を処理したことから、不快に感じる味やクセそのものも「あく」と呼ぶようになりました。

料理別の調味料割合一覧を見る

だし、たれ、煮汁の割合50音一覧へ

煮物の献立一覧を見る

今回は、わらびの煮汁をご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧 」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。