飛魚竹輪(あごちくわ)とは【和食の雑学、豆知識】料理用語集

飛魚竹輪(あごちくわ)の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

飛魚竹輪(あごちくわ)とは

トビウオを原材料にして作った竹輪のことです。

【関連用語】

飛魚の野焼き(あごののやき)

島根県の郷土料理で、トビウオのすり身を竹に巻きつけて焼いたものです。

※ あご竹輪のことを「野焼き」という場合もあります。

あごの野焼き,飛び魚も魚肉練り製品,島根県出雲地方の名物

「あご」とはトビウオの別名で、竹に巻きつけて焼いた形が輪になることから「竹輪」の名があります。

【関連】

焼き物【関連レシピへ

≫【和食全般の料理内容を見る

焼き物の献立一覧を見る

焼き物手法と串の打ち方一覧

焼き物のつけだれ、かけだれ一覧

和食の献立、料理用語集

献立別の料理用語集一覧へ

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧

だし、たれ、煮汁の割合50音順一覧表

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

季節別、旬の食材一覧表へ
野菜の飾り切り100選を見る

和食調理や献立作成にお役立いただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク