鮎京(あゆけい)の語源とは!鮎の焼き物【和食の料理用語】

【鮎京(あゆけい)の語源、由来】

スポンサーリンク

和食の雑学、料理用語集

鮎京(あゆけい)とは

鮎のかす漬けのことで、子持ち鮎で作ります。

名の由来は数の単位の一、十、百・・・億、兆、京からきており、卵の数を京に見立てて「子孫繁栄」を願ったおめでたい料理です。

【関連】

夏の献立【料理の演出方法】今回は鮎(あゆ)の焼き物を盛りつけるときの簡単な料理演出をご紹介したいと思いますので、夏の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【魚介類の保存方法】今回は鮎(あゆ)を長持ちさせる保存方法の基本をご紹介したいと思いますので、夏の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物の串打ち手法一覧

和食の名称、献立用語集

献立別の料理用語集を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

今回は鮎京の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語につきまいては≫「料理の雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報