鯔子(からすみ)の語源、意味、由来とは【和食の料理用語集】

スポンサーリンク


【鯔子(からすみ)の意味】

和食の料理用語集

鯔子(からすみ)とは

鯔(ぼら)の卵巣で作る塩乾品のことです。

からすみの名の由来

塩乾品の形が中国製の良質な墨(すみ)である「唐墨」に似ているということから、この名がつけられています。

【関連】

魚介類を漬ける【奈良漬け用の酒かすを使ったつけ床割合】今回は数の子やからすみの「べっこう漬け」を作るときの調味料割合をご紹介したいと思いますので、珍味作りや和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

献立別の料理用語集一覧を見る

献立名の意味一覧【先付け~甘味】

料理の雑学、豆知識一覧を見る

料理用語【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

【四季の食材】

季節別、旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

野菜飾り切り方法とコツ100選

今回は鯔子(からすみ)をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「料理の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報