数の子、からすみのべっこう漬けを作る時の酒かす床割合【魚介類を漬ける奈良漬け用かす床】

 


魚介類を漬ける奈良漬け用酒かす床の割合

今回は数の子や、からすみの「べっこう漬け」を作るときの調味料割合をご紹介したいと思います。

そして、この床を使うと、たら子や薄く切ったいかなども漬けられますので、珍味作りや和食調理の参考にしてください。

和食の配合と調味料の割合

奈良漬けの酒かすを使った漬け床の割合

【調味料の割合】

奈良漬けの酒かす 500g
一般の白い酒かす 500g
煮切り酒 200㏄
砂糖、または黒砂糖 100g

酒かす床の割合一例です。

最初に、砂糖を煮切り酒で溶かしてください。

そのあと、酒かすと混ぜ合わせて、漬け床がかたいときは酒の量を増やしてください。

■ 数の子のべっこう漬けを作るときは、ガーゼに包んで約3日間漬け込んでください。

そして、いかを漬ける場合は、身を薄く切ってから、半日ていど漬けてください。

※ いかは身が厚いと、かたくなることがありますので注意してください。

「数の子の盛りつけ例」

■ 写真の絵馬くわいと絹さやは、濃いめの吸い物だしで味を含ませております。

【絵馬の切り方】

⇒「お雑煮や正月の煮物飾り、絵馬人参

【参考】

≫「数の子の薄皮むきと下処理のコツ

≫「おせちに数の子とにしんを使う理由

和食の語源、意味、由来【おせち料理の雑学、豆知識】今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

≫「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

≫「大晦日に年越しそばを食べる理由

≫「12月年越し、そば料理の献立8つ

■おせち料理に込められた幸福になるための願いにつきましては≫「おせち料理の食材がもつ幸福の意味と理由8つ」に掲載しております。

≫「鏡餅(かがみもち)の語源、意味

≫「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

≫「おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

和食の語源、意味、由来「おせち料理の雑学、豆知識」今回は、おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

【関連】

≫「だし、たれ、煮汁の割合50音一覧

≫「焼き物のつけだれ、かけだれ割合

≫「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

≫「揚げ物用つけ塩の作り方と割合一覧

他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料 割合と配合」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。