夏の献立,料理演出【前菜,八寸七種盛りの作り方手順】日本料理

 


「夏の前菜(八寸)七種盛り」

今回は夏の献立から「前菜、八寸盛り」をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成にお役立てください。

夏の料理、和食の献立

夏の前菜(八寸盛り)作り方

【前菜七種盛り、お献立】

(猪口)れん根のきんぴら、結びみつば

牛肉の八幡巻き、たこあぶり焼き梅肉のせ

きゅうりの昆布じめ、姫トマトチーズ寄せ

甘酢らっきょうの松葉刺し、夏柑なんきん

夏の八寸,前菜盛り,②

れん根のきんぴら

猪口に入っているきんぴらにつきましては⇒「れん根きんぴらの作り方手順」に詳しく掲載しておりますので参考にしてください。

【関連】⇒「結びみつばの作り方手順

⇒「金平(きんぴら)の語源、由来とは

たこの梅肉焼き

「作り方」

たこをもみ洗いして汚れを取りのぞき、少量の濃口醤油を加えた湯で下ゆでしてください。

そして、梅干しを裏ごして梅肉を作ってください。

このあと、たこを食べやすい大きさに切り分けて、表面を乾かす程度に下焼きし、梅肉をのせて軽くあぶると完成です。

■ あがりに白ごまをのせてください。

【関連】

⇒「たこの天ぷらをやわらかく揚げる方法

⇒「たこの吉野煮【煮汁の割合】、作り方

⇒「たこをやわらかく煮る方法2つとコツ

きゅうりの昆布じめ

「作り方」

きゅうりは種をくり抜いたあと、塩水(たて塩)に約1時間つけてください。

そして、まな板の上に置き、手のひらでコロコロと、穴が完全にふさがるまで転がしてください。

※ 力を入れすぎると割れますので、のせた手の重みで転がしてください。

このあと、穴の中に龍皮昆布を入れて、ラップフィルムで包んでください。

そして、冷蔵庫で一晩、昆布をなじませると完成です。

■ 盛りつけるときに、昆布を入れたまま切り分けてください。

【関連】⇒「きゅうりの飾り切り一覧

牛肉八幡巻き

牛肉の八幡巻きにつきましては⇒「八幡巻きの作り方手順とコツ」に詳しく掲載しておりますので参考にしてください。

姫トマトチーズ寄せ

「作り方」

ミニトマトの種をくり抜いて、鍋に吸い物だし(吸い地)200㏄と生クリーム50㏄をあわせ、塩と少量の薄口醤油で味をととのえてください。

そして、クリームチーズを50g入れて煮溶かし、水でふやかしたゼラチンを加えて、ゼリー液を作ってください。

このあと、あら熱を取ったゼリー液をトマトに流し入れて冷やし固めると完成です。

■ トマトは切り分けませんので、流れ落ちない程度のやわらかいゼリー液で大丈夫です。

また、盛りつけるときに表面を薄くへぎ取ると、切り口がきれいに仕上がります。

※ 大きいトマトで切り分けるときはゼリー液をかためにしてください。

【関連】⇒「吸い物だしの割合と塩分濃度

甘酢らっきょうの松葉刺し

「作り方」

らっきょは汚れている部分を取りのぞいて熱湯でサッとゆで、ザルにあげて上から塩を振ってください。

そして、あら熱を取ってから甘酢に漬け込んでください。

このあと、半分に切り分けて松葉をさすと完成です。

【関連】

⇒「甘酢の作り方と割合3つ

⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

⇒「和食の配合、調味料の割合一覧

夏柑なんきん

「作り方」

かぼちゃの皮をむいてゆでる、または蒸して、裏ごしてください。

そして、塩、砂糖で味をととのえて湯せんにかけ、手にくっつかない程度に練ってください。

このあと、枝豆を中に入れて丸くまとめ、南天の葉をさして夏みかんに見立てると、今回の七種類すべてが作れます。

「盛りつけ例1」

夏の八寸,前菜盛り

「盛りつけ例2」

夏の八寸,前菜盛り,②

今回は夏の八寸、前菜をご紹介いたしましたが、料理は一例ですので別の食材とも組み合わせて、他の演出を色々と楽しんでみてください。

また、夏の刺身に役立つ氷器の作り方と盛りつけ方法につきましては「手順がわかると簡単に作れる、夏の涼しさを演出する氷器の作り方と盛りつけ例」に掲載しておりますので参考にしてください。

氷器盛りつけ,アイキャッチIMG_4793

【関連】≫野菜を使った七夕の盛りつけ飾り

七夕,盛りつけ,たなばた,料理,演出,完成,アイキャッチIMG_4771

和食の献立「献立四季報」

≫「八寸、前菜の献立一覧

≫「夏の献立一覧

≫「夏の食材一覧

≫「野菜の切り方一覧、飾り切り100選

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。