料理を盛る器にしく【掻敷,皆敷,苴】(かいしき)の意味

スポンサーリンク


和食の料理用語「雑学、豆知識」

今回は料理の器にしく木の葉や紙の【掻敷、皆敷、苴(かいしき)】の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

日本料理の用語集

掻敷、皆敷、苴(かいしき)とは

料理を盛る器や神饌(しんせん)にしく「木の葉」や「紙」の総称で、食器がなかった古代は、食べ物を木の葉に盛りつけたといわれています。

■神饌(しんせん)とは、神様にお供えする食べ物のことです。

そして、このことから「かいしき」が使われるようになり、主に現在では、料理におもむきを持たせる目的で使用します。

かいしきの主な例(木の葉類)

鏡もちにそえる「ゆずり葉」

この「ゆずり葉」は、新しい芽が出てから古い葉が落ちることからこの名があり、だいだいの実と同じように、親子代々相継ぐめでたい葉という意味があります。

【関連】

⇒「鏡もちの語源と意味を見る

難を転ずる「なんてんの葉」

なんてんは漢字で「南天」と書きますが、これを「難転」として、災難に合わないようにという願いが込められ、料理以外にも家の鬼門にあたる方角に植えたりします。

かしわもちに使う「かしわの葉」

こちらは、かしわの葉が新芽が育つまで枯れないという理由から、5月5日の端午の節句にお供えとして使われ、子孫繁栄を願って縁起をかついだものといわれています。

料理に多く使われる「ささの葉」

ささの葉は昔、切腹する人に出す「かいしき」に使われたという理由で忌み嫌われましたが、抗菌や殺菌の効果がありますので魚料理に用いられ、生ものを使用する寿司に敷いたり、巻いたりすることが多いです。

【手順がわかると簡単に切れる】

⇒「笹の葉の飾り切り方法とコツ

【関連】

⇒「刺身の種類と造りの名称一覧

⇒「煮物関連、和食の煮物用語集

⇒「焼き物関連、串の打ち方一覧

⇒「焼き物の名称、語源、由来一覧

⇒「蒸し物の名称、語源、由来一覧

⇒「揚げ物の名称、語源、由来一覧

⇒「和食の献立、それぞれの意味一覧

⇒「和食の料理用語集、語源、由来一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

⇒「料理の語源、意味、由来50音一覧

今回は器に敷く「かいしき」についてご紹介いたしました。

他の料理用語や和食の意味につきましては≫「和食の料理雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報