きすの揚げ物の献立【東寺揚げの作り方手順】

鱚(きす)の東寺揚げ

今回は鱚と乾燥ゆばの揚げ物をご紹介したいと思いますので、油物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の揚げ物の献立【鱚の東寺揚げの作り方手順】

鱚の下処理工程

【1】最初に、尾をつけた状態で鱚を3枚におろして腹骨と血合い骨を取り除き、うす塩をあてて約30分間おいてください。

湯葉衣をつける工程

【2】次に、乾燥ゆばを細かくなりすぎないように砕いて、軽くかき混ぜた卵白を用意してください。

【3】そして、薄力粉を鱚にうすくまぶしたあと、尾を持ちながら卵白に通して乾燥ゆばをつけ、170℃の油で揚げると完成です。

きすの東寺揚げ,春の献立

東寺揚げの語源、意味、由来

和食の揚げ物用つけ塩【抹茶塩の簡単な割合と作り方】今回は揚げ物のつけ塩として添える「抹茶塩(まっちゃじお)」をご紹介したいと思います。この抹茶塩は簡単に作れますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。
今回は、お玉でだしと調味料をはかって追いがつおをする【天だしの作り方と割合】をご紹介したいと思いますので、揚げ物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

鱚の梅肉焼き手順

鱚の木の芽みそ焼き手順

鱚の魚田楽,鯉のぼり,5月の献立と盛りつけ

鱚に醤油の香りをつける焼きだれ割合

春の料理関連一覧へ

春の献立関連一覧へ

春の煮物関連一覧へ

揚げ物レシピ関連一覧

揚げ物関連の料理用語一覧

【参考】

和食の調味料割合と配合

献立別の料理用語集まとめ

和食の料理内容まとめ記事一覧

今回は鱚の東寺揚げをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク