料理用語の琥珀(こはく)とは【和食の雑学、豆知識集】

献立名の琥珀(こはく)の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

琥珀(こはく)とは

大昔の植物の樹脂が化石化したもので、指輪やネックレス等に使われる素材ですが、料理では材料やゼリーなどをこの樹脂の琥珀色に似せて仕上げ、献立名に琥珀煮琥珀寄せと表記します。

琥珀色とは

黄色と茶色を混ぜて透明にしたような色で、砂糖を加熱した透明の飴(あめ)や茶色みがかったビールの色に似ています。

(例)琥珀飴や琥珀ビール等が商品として販売されています。

【関連】

飾り切り方法まとめ

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ285+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。
料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音順検索一覧

献立別の料理用語集一覧へ

焼き物手法と串の打ち方一覧

【参考】

調味料割合と配合集

今回は本サイトの調味料割合を料理別にまとめました。各割合から必要なものをメモしておくと調理場で使える配合手帳が作れますので、自分の好みに合わせて分量を変えながら献立作成や和食調理にお役立てください。

今回は献立名に使われる琥珀の意味をご紹介いたしました。

料理の作り方等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク