手巻き寿司をきれいな三角形に巻くコツ3つ!酢飯の広げ方とポイント

スポンサーリンク



「手巻き寿司の巻き方」

今回は手巻き寿司の巻き方をご紹介したいと思いますので、季節の行事や寿司パーティーなどにお役立てください。

「ポイント3つ」

  1. 海苔を切る方向
  2. す飯を広げるコツ
  3. 巻くときのポイント

手巻き寿司の巻き方

寿司を三角形に巻く簡単な手順

①海苔を半分に切る方向

最初に、海苔を半分に切ってください。

細巻きや手巻き寿司のときは幅が長い方(のりを乾かしたときにつく筋目と平行)に切ってください。

②す飯を広げるコツ

そして、す飯は写真の金串で表した三角形に広げてください。

手巻き寿司,すし

このとき、手前側のす飯は少なくしてください。

また、手巻き寿司1本に使うご飯の量を40~50gにすると巻きやすいです。

■ 手前のす飯が多いと巻いたときに膨らんで寸どう型になり、巻きにくくなります。

手巻き,すし,寿司

このあと、具や、薬味、わさびなどを、す飯の中央にのせてください。

※ 手前の具が太いと三角形になりづらいですから、細くしてのせる、または少し上にずらして置いてください。

そうすると、自然に三角形になります。

手巻き,すし,寿司

③巻くときのポイント

そして、海苔の端をす飯の右側に合わせるように巻くと「きれいな手巻き寿司」の完成です。

手巻き,すし,寿司

このとき、胡瓜の手前側が三角形の角になるよう巻いてください。

手巻き,すし,寿司

そして、途中まで巻いて下が膨らみ、きれいな三角形にならないときは具を上に引き上げると、そのまま巻き続けられます。

手巻き,すし,寿司

■ 寿司酢の合わせ方と割合につきましては「巻き、握り、ちらし寿司の割合と合わせ方」に掲載しております。

【関連】

⇒「巻き寿司の詳しい巻き方とコツ!

⇒「巻き寿司を成功させるご飯の広げ方

手巻き寿司は手軽にできて子供さん達も喜び、自分で料理を作る達成感と楽しさを味わえると思いますので参考にしてください。

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク