広島県の郷土料理や名物など一覧【和食の雑学、豆知識、料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

料理の雑学、豆知識

和食の料理用語集【広島県の郷土料理と名物料理】

穴子飯(あなごめし)

広島県の名物料理で、かつては穴子をぶつ切りにして飯に炊き込んだものだったといわれていますが、現在は穴子を蒲焼きにして、たれの残りで炊いた飯の上一面に穴子のそぎ切りを並べたものが多く作られています。

■ 山陽地方でも特に広島県沿岸の穴子は「広島穴子」と呼ばれ、味が良いと言われます。

蒲焼き(かばやき)の語源、意味

焼きだれ、つけだれ割合集

開き穴子の下処理方法とコツ

【骨、ひれ、ぬめりの取り方手順】

ご飯物レシピなどの関連記事

埋身飯(うずみめし)

広島県の福山地方から尾道地方にかけて伝わる郷土料理で、汁の中に新米で炊いた飯をうずめることからこの名があります。

旬の野菜や芋類、秋えび、松茸などを具にしたすまし仕立ての汁を椀に盛り、炊きたての飯を汁の中に入れて食べます。

海老茶漬け(えびちゃづけ)

尾道地方の郷土料理で、名産の小エビを具に用いたお茶漬けのことです。

新鮮な小エビをゆでて網焼きにしたり、生のまま酒を振りかけたりしたものを炊きたての飯にのせ、熱いお茶を注ぎ入れます。

薬味には、お茶漬けに使用する一般的なもの(わさび、もみのりなど)を添えます。

お茶漬け用かけだしの割合

海老(えび)に関連した料理内容一覧

裂き鰯(さきいわし)

小イワシの刺身のことで、イワシの頭と内臓、中骨を指で身を裂くようにして取り除くことからこの名があります。

骨や内臓を取ったイワシは塩水でぬめりなどを洗い落としたあと、さらに冷水で洗って水けをきり、刺身のように盛りつけます。

薬味には大根けん、水玉胡瓜、ショウガ、ワサビなどの一般的なあしらいを添え、しょうゆ等で食べます。

大根けんの詳しいむき方とコツ5つ

料理用語の【あしらいの意味とは】

水玉胡瓜の切り方

食材別

【野菜、果物の飾り切り方法とコツ一覧】

いわしの手開き方法とコツ

【詳しい手順と注意点を解説】

刺身(さしみ)の語源、由来

さしみの手法、関連記事

さんばい

西部の郷土料理で、黒豆入りのご飯をトチの葉で包んだ料理です。

■ あらかじめ柔らかく煮ておいた黒豆を入れて塩味の飯を炊き、この黒豆飯で大きめの丸いおむすびを作って、食べやすいようにトチの葉で包みます。

田植えの時期の弁当として用いたり、田植えが終わったときの苦労をいたわる席に出されたりします。

鯛の浜焼き潮煮(たいのはまやきうしおに)

タイの浜焼きをさらに煮物にしたものです。

「鯛の浜焼き」とは、尾頭(おかしら)付きのタイの塩焼きのことです。単に浜焼きといった場合でも、タイを用いたものをさすことが多く、塩田の製塩中の熱い塩の中にとれたてのタイを埋めて蒸し焼きにしたり、海岸の小石を熱して焼くなど、本来は浜で焼いたことからこの名があります。
作り方の例

浜焼きにしたタイの表面の塩を洗い落とし、鍋に昆布を敷いてタイを入れ、水をひたひたまで張ります。

この鍋に大きくめに切った豆腐を加えて塩味で煮、仕上げに春菊や三つ葉などの青味野菜を散らします。

鯛に関連した料理内容一覧

八寸(はっすん)

「八寸」という慶弔(けいちょう)のさいの煮物汁のことです。

■ 直径8寸の椀や丼に盛るところから名がつけられています。

茶懐石や会席料理の献立名に用いる八寸につきましては≫「八寸(はっすん)の意味とは」に掲載しております。

47都道府県別 郷土料理一覧表

【日本全国の名物料理まとめ】

郷土料理は各地方で独自に発展しているため、地域によって材料や作り方などが多少異なる場合があります。

【関連】

野菜の飾り切り方法100選

【基本手順と切り方のコツ一覧】

料理の雑学、豆知識一覧

頭の体操、食材漢字クイズ問題集

日本料理、会席・懐石案内所

【サイト内の料理内容一覧】

献立四季報「春夏秋冬」味暦

【サイト内の献立内容一覧】

煮物レシピと調味料の割合

【サイト内の料理内容一覧】

【参考】

献立別の料理用語集一覧

和食の焼き物手法

【串の打ち方と名称一覧】

覚えておきたい嫌い箸、忌み箸

【禁じ箸などの意味と種類一覧】

料理別のあわせ調味料割合と配ごう一覧