巻きすの使い方と注意点【和食の基本、寿司調理】

 


【和食の基本調理法】

今回は巻き寿司を作るときに使う「巻きす」の使い方や注意点をご紹介したいと思いますので、寿司調理の参考にしてください。

和食の基本、寿司調理

巻きすの種類と名称

寿司を巻くときに使う「巻きす」には、太巻き用と細巻き用の2種類があり、竹を編み込んでいる結び目からのびている部分の糸を「かがり糸」といいます。

そして、どちらの場合も編み込みがしっかりとしたものを選んでください。

巻きすの使い方

寿司を巻くときは、竹の皮めを上にして巻きすを置き、そちらに海苔(のり)をのせてください。

そして、皮めが内側にくるよう、巻いてください。

↓↓↓

巻きすを使ったあとの注意点

使い終わったあとは、きれいに洗浄し、カビが生えないように十分乾燥させてください。

※ 巻きすにカビが生えると、竹の繊維に入り込んで取れなくなりますので注意してください。

今回は巻きすの扱い方をご紹介いたしました。

他の調理法につきましては≫「寿司の作り方一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

巻き寿司のコツと方法5つ

【巻き寿司のコツ一覧】今回は巻き寿司を作る基本方法や破れつさせないコツなど、失敗しないためのポイントをまとめましたので、寿司の盛り合わせや、ご家庭で巻き寿司を作られるときの参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

≫「すし用、玉子焼きの割合

≫「厚焼き玉子の調味料割合

≫「煮汁の割合と配合50音一覧

≫「焼きだれ、つけだれ割合一覧

≫「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

≫「揚げ物用、つけ塩の作り方一覧

≫「酢の物用、あわせ酢の調味料割合

≫「料理別、だしと調味料の割合一覧表

他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので、お役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。