松きゅうりの詳しい切り方と松に見立てるコツ!刺身の飾り切り【日本料理】

 


野菜の飾り切り【松胡瓜】

今回は大皿盛りや姿造りでよく見かける「松胡瓜」の切り方と、仕上がりが竹に見えないようにするバランスのコツをご紹介したいと思いますので、刺身の盛りつけ飾りにお役立てください。

刺身の飾りによく使う松胡瓜の飾り切り方法とコツ

刺身に役立つ飾り切り演出

やり直し,松,まつ胡瓜,きゅうり,飾り切り

【参考】⇒簡単に切れる竹きゅうりの作り方

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

松胡瓜の切り方、基本手順とコツ

「切り方」

【1】最初に、胡瓜を約10cmの長さに切って、たて半分にしてください。

IMG_1404

【2】次に、手前が広くなるよう「ハの字型」に切ってください。

IMG_1409

【3】そして、松の木の先になる部分を斜めに切り落としてください。

IMG_1411

【4】このあと、胡瓜の高さに対して深さ1/3の切り込みを0.5㎜間かくで入れてください。

IMG_1413

【5】そして、胡瓜をまな板に対して斜め横方向に置き、包丁を手前からむこう側に押しながら、水平に松の葉を切ってください。

IMG_2746

このあと、胡瓜が動かないよう親指で押さえてください。

IMG_2748

そして、右側に包丁をゆっくりと引き抜いてください。

IMG_2752

この状態で一番下の松葉が完了です。

IMG_1414

【6】そして、今度は包丁をむこう側から引きながら切り込んで、胡瓜を手前にずらしてください。

■ このとき、包丁は【5】の手順と逆方向になります。

IMG_2753

そして、先ほどと同じ要りょうで、形がくずれないよう指で押さえながら、刃をゆっくりと抜いてください。

IMG_2756

↓↓↓

IMG_2755

この状態で下から2番目の松葉が完了です。

IMG_1415

【7】そして【5】~【6】の工程と同じ要りょうで、上部まで松葉を切り込むと「松胡瓜」の完成です。

やり直し,松,まつ胡瓜,きゅうり,飾り切り

仕上がりの形をバランスよくするポイント

「松に見せるコツ」

胡瓜をたて半分にしたあと、そのまま細かい切り込みを入れるのではなく【2】の工程のように「ハの字型」に切ってください。

「ここがポイントです」

※ 自然の松は上になるほど葉の広がりが小さいですから、胡瓜をハの字型にせず、真っすぐのまま切り込むと、ずんどう型の【竹】に見えてしまいますので注意してください。

そして、切り込む葉の幅を松の下から上になるほど小さくして「クリスマスツリー」のような形にすると、自然の木に近づいてバランスが良くなります。

【関連】

⇒「簡単に切れる竹胡瓜の切り方手順

竹,胡瓜,飾り切り,たけきゅうり

たて半分にした、もう片方で作れる

⇒「かえる胡瓜の飾り切り、切り方手順

IMG_1449

【参考】

⇒「梅人参の切り方とねじり梅の手順

梅人参

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回は松胡瓜の切り方をご紹介いたしました。

胡瓜を使った別の切り方につきましては≫「胡瓜の飾り切り方法一覧」に掲載しております。

また、他の切り方につきましては≫「野菜の飾り切り100選、切り方手順とコツ一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

野菜の詳しい飾り切り方法一覧213種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「和食の飾り切り道具の名称一覧

次の飾り切りを見る⇒手順とコツ一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。