鮎(あゆ)のオスとメスを見分ける簡単な方法

スポンサーリンク



「料理の雑学~鮎の豆知識」

今回は琵琶湖の漁師さんに教えていただいた鮎の雄(おす)と雌(めす)の簡単な見分け方をご紹介したいと思いますので和食調理にお役立てください。

料理の雑学「鮎の豆知識」

鮎,あゆ

鮎の雄と雌を簡単に見分ける方法

鮎の性別を腹を開かずに見た目で判断するときは尻びれを広げると見分けることができます。

■ 尻びれは尾びれの前方下側についている三角形のひれです。

「雄の見分け方」

鮎の尻びれを広げたときに幅が狭くて丸みが少なく、三角定規のような形をしているのが雄です。

「雌の見分け方」

雌の場合は雄に比べて丸みとふくらみが大きく、中心よりやや後ろ側にⅤ型のくぼみがあって、ゆがんだハートのような形をしています。

そして、大きさが約1.5倍の形状をしていますので簡単に見分けられます。

【鮎の関連記事】

⇒「鮎の煮浸しを作るときの調味料割合

⇒「夏のお献立集~鮎を使った会席料理

⇒「鮎料理の献立を書くときの先付け集

【料理用語と豆知識】

⇒「料理の雑学、語源、意味、由来一覧

⇒「鮎の焼き物、鮎京(あゆけい)とは

【参考】

⇒「和食の献立、料理一覧」へ

⇒「和食の調味料割合はこちらです

今回は鮎の性別を見分ける方法をご紹介いたしました。

煮物や焼き物で雄雌を使い分けるときなどにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク