きゅうりの飾り切り【切り違いの切り方とコツ】日本料理のむきもの

日本料理でよく使う飾り切り演出

お店で出てくる「もろきゅうやお刺身のあしらいで見かけることが多い、きゅうりの切り違い

今回は、きゅうりを使った切り違いを作る手順を詳しくご紹介したいと思います。

飾り切りにしてある野菜は、添えてあるだけで料理の見栄えを良くし、食欲を増してくれます。

そして、切り違いは作り方がわかれば簡単にできますので、是非覚えて盛りつけ飾りにお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

野菜の飾り切り「胡瓜の切り違い切り方とこつ」

胡瓜切り違い

胡瓜の切り違い~作り方の基本手順

【切り方手順】

【1】まずは、胡瓜を水洗いして水分をふき取ってください。

胡瓜

【2】次に、この胡瓜を約5cmの長さに切ってください。

IMG_0555

【3】そして、包丁を胡瓜の中心部分に水平に差し込んで切り込みを入れます。

IMG_0556

【4】今度は、この胡瓜に対して約45度の角度で、先程入れた中心部分の切り込みまで包丁をゆっくりと入れてください。

IMG_0559

【5】この包丁を、胡瓜の両面から切り進めて中心部分の切り込みで2つに分けると、下の写真のような形になります。

IMG_0565

これで、胡瓜の切り違いの完成です。下の写真は片方を立てたものです。

↓↓↓

胡瓜切り違い

今回は、胡瓜の長さを5cmで作りましたが、もう少し長くすると中心に包丁が入れやすくなり、切り込みの失敗が減ります。

逆に、胡瓜をあまり短いくしてしまうと、切り込みをいれる場合に細い包丁でしか入らなくなりますので注意してください。

この切り違いは、胡瓜以外にも中に野菜を入れた竹輪や円柱形の食材で応用ができます。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

ごぼうを使う場合は固くて危ないですから、あらかじめやわらかくゆでて飾り切りにしてください。

飾り切り手順の関連記事」

■ お刺身や姿造りの演出

胡瓜のわさび台~詳しい手順と方法

■ 胡瓜を使った他の飾り切りにつきましては「胡瓜の飾り切り一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

◎【次の切り方を見る⇒手順一覧へ

むきもの道具の名称一覧

IMG_1967

刺身の盛りつけに役立つ飾り切り手順

煮物や炊き合わせに役立つ飾り切り一覧

「食材別~飾り切り手順」

人参 ○大根 ○胡瓜 ○冬瓜

南瓜 ○蓮根 ○笹葉 ○番外編

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク