小倉羹(おぐらかん)の意味、語源,由来【和食の料理用語集】

「小倉羹(おぐらかん)」の語源、意味、由来

スポンサーリンク

和食の料理用語集

小倉羹「おぐらかん」

あずきの練りようかんに大納言あずきの蜜煮を混ぜ合わせものをいいます。

【関連記事】

■ 羊羹(ようかん)の語源、由来につきましては「羊羹の語源、意味、由来~和食の歴史」に掲載しておりますので参考にしてください。

また、羹(あつもの)の意味につきましては⇒羊羹(ようかん)にも使われている羹の意味、語源、由来【和食の煮物料理用語集】に掲載しております。

小倉「おぐら」とは

あずきを使う料理やお菓子の総称で、あずきの色を京都、小倉山の紅葉(もみじ)にたとえて、この名をつけたという説があります。

煮物の語源~「小倉煮とは」

【料理用語関連】

◎⇒「刺身の種類と造りの名称一覧

◎⇒「焼き物関連~串の打ち方一覧

◎⇒「揚げ物関連~揚げ物の豆知識

⇒「煮物の意味、由来集

⇒「献立用語集一覧」へ

料理の語源、豆知識 50音 料理雑学 

◇ ⇒「 和食の煮物~献立一覧 」

和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報