羊羹(ようかん)の語源、意味、由来【和食の料理用語集】

羊羹(ようかん)の語源、意味、由来

今回は羊かんの語源や意味をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

料理用語集【和食の歴史】

羊羹(ようかん)の語源、意味、由来

羊羹は棹物(さおもの)と呼ばれる菓子のひとつで、あんに砂糖、寒天を加えて練り固めるものを練り羊羹、水羊羹といい、あんに砂糖、小麦粉、または葛粉を加えて蒸したものを蒸し羊羹といいます。

今回は、水物や甘味で使う料理用語の棹物(さおもの)をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【和食の料理用語集】棹物(さおもの)とは羊羹(ようかん)や外郎(ういろう)のなど、棒状に細長く作ったあと小口切りにして盛りつける和菓子の名称です。

羊羹の歴史

もともと、羊羹は中国料理のひとつで「羊羹」の字を書くように羊の羹(あつもの)であったといわれています。

そして、これが奈良、平安頃に日本に伝来してきましたが、その頃は仏教の影響で肉食を禁じていたため、植物性の材料に変えて作ったとされ、これが、のちの鎌倉、室町以降、茶の湯の発展と伴い、蒸し菓子(蒸し羊羹)になったといわれています。

現在の練り羊羹

練り羊羹が初めて作られたのは、1589年(天正17年)の京都で、この製法が現在に引き継がれています。

羊羹の語源、もうひとつの説

羊羹の由来には、もうひとつの説があり、羊の肝に色や、形が似ている「羊肝糕(ようかんこう)」という蒸したもちが、元々の始まりともいわれています。

羹(あつもの)の詳しい内容につきましては≫「羊羹にも使われている羹の語源、意味、由来」に掲載しております。

【小豆(あずき)の関連】

小倉煮とは

小倉あんとは

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧へ

料理の語源、豆知識 50音一覧

他の料理用語につきましては≫「和食の献立用語集一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報