飾り包丁の意味と主な飾り切り方法【和食の料理用語集】

スポンサーリンク


飾り包丁(かざりぼうちょう)とは

和食の料理用語集

飾り包丁「かざりぼうちょう」

材料を切るときに、見た目や食感、食べやすさに工夫をこらした切り方をいい「飾りつけした包丁目(切り込み)」という意味です。

そして、花や葉、または動物の形など、季節感や風情をかたどって切る手法を「飾り切り」あるいは「むきもの」といい、特に祝い膳の鶴亀や松竹梅、春の桜や蝶々、秋のもみじが有名で多く使われます。

【関連】

⇒「桜の切り方手順とコツ

⇒「八重桜の切り方手順とコツ

⇒「もみじの切り方手順とコツ

⇒「簡単な飾り切り手順の一覧」へ

⇒「お節料理、祝膳の飾り切り一覧」へ

⇒「春の料理に役立つ蝶々の切り方一覧

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

和食の飾り包丁手順や、むきもの(飾り切り方法)につきましては■⇒「和食の野菜飾り切り【100選】一覧検索ページ」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報