端午の節句~かぶと南瓜の詳しい飾り切り方法とコツ

スポンサーリンク



かぼちゃの飾り切り

端午の節句~子供の日「かぶと南瓜」

今回は端午の節句や5月の和食に役立つ飾り切り、兜(かぶと)南瓜の詳しい切り方とコツをご紹介したいと思いますので参考にしてください。

端午の節句を演出する、かぼちゃの飾り切り「かぶと南瓜の切り方」

兜(かぶと)の切り方手順

【1】まず、かぼちゃの種を取り除き、縦3㎝横4㎝の色紙切りにしてください。

兜を切るときのポイント

■ 兜を切る場合は、かぼちゃの縦と横、それぞれを4分割すると仮定してください。

これを頭の中でイメージしながら切っていただくと、切り込む場所がわかりやすくなります。

※ 飾り切りするときは、この筋目は入れずに切ってください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

↓↓↓

筋にそって切ると写真右側の兜が切れます。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

【2】次に、兜の原型を4分割した筋にそって切り落としてください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

【3】このあと、包丁で爪ようじと同じ場所に浅く切り込みを入れてください。

※ 写真下側の爪ようじで表した切り込みを入れる場合、かぼちゃを4分割した一番下の皮には切れ目が入らないようにしてください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

そして、包丁を横向きに使って表面の皮を薄く切り取り、兜の模様を浮き立たせてください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

反対側も同じように浮き立たせたものが下の写真です。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

【4】このあと【3】と同じ要領で、爪ようじの部分に切り込みを入れ、上部の模様も浮き立たせてください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

↓↓↓

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

【5】そして、本体部分とツノの境目を三角形に切り落とし、兜の形をととのえてください。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

↓↓↓

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

【6】仕上げに、4分割した一番下の線に切り込みを入れて最後の模様を表すと「兜南瓜」の完成です。

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

■ 下写真が4分割の筋を入れて切った場合と、入れていないときの「兜南瓜」です。

筋を入れたものと、入れずに切った完成写真

↓↓↓

端午の節句,兜,かぶと南瓜,なんきん,かぼちゃ,飾り切り

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

今回の兜南瓜は端午の節句や5月の献立に役立つ飾り切りですので参考にしてください。

盛りつけ例はこちらです。⇒鯛のあっさり煮

鯛あっさり煮,兜南瓜,かぶとなんきん,飾り切り,かぼちゃ

【関連記事】端午の節句~豆知識

5/5端午の節句に柏もちを食べる理由

かしわもち,柏餅,端午の節句

和食の飾り切り~むきもの道具の名称一覧

むきもの道具,剥きもの,剥き物

他の飾り切り方法につきましては⇒「野菜の飾り切り100選~手順とコツ一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク