れん根を割れないように切る方法とコツ【野菜の切り方,和食調理】

スポンサーリンク



「蓮根を割れないように切る簡単な方法」

今回は、包丁で切るとすぐに割れてしまう蓮根をきれいに切る簡単な方法をご紹介したいと思いますので、料理作りや飾り切りの下準備にお役立てください。

蓮根が割れない切り方

蓮根を薄く切る場合は力が外側に逃げていきますので、切り口が割れることは少ないですが、厚めに切るときにはどうしても割れてしまい、あとの調理がやりづらくなることが多いという方もおられると思います。

そのような場合に金属用の刃が薄いノコギリ(金切りノコ)を使って蓮根を切ると、切り口が割れることがなく、また割れた部分を切り揃える手間と食材の無駄がはぶけます。

※ 金属用ノコギリは100円ショップで売っていますので、調理用に新しいものを購入して洗浄後、清潔にしてから使用してください。

蓮根の割れない切り方手順

【1】蓮根を木や金属を切る場合と同じ要領で、ノコギリを前後に動かしながら切り進んでください。

【2】そして、このまま切り落としていただくと、蓮根が割れずに済みます。

■ 調理中は蓮根をまな板の上で切ると思いますので、まな板をノコギリで削ってしまわないように切り落とすときは、蓮根を少し浮かせて手前か向こう側のどちらかに回しながら切ってください。

今回は蓮根を割れないように切る方法をご紹介いたしましたが、蓮根の他に長芋も同じ方法で切ると割れずに済みます。そして、金切りノコのかわりにチーズ切りやパン切り包丁でも切れますので、飾り切りの際や和食調理の参考にしてください。

注、包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】金切りノコで長芋を切る方法の詳しい手順につきましては⇒「長芋を割れないように切る、簡単な方法」に掲載しております。

■ 蓮根の飾り切り方法につきましては「蓮根の飾り切り一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

野菜の飾り切り手順一覧

春の飾り切り ○夏の飾り切り

秋の飾り切り ○冬の飾り切り

和食のむきもの道具、名称一覧

刺身に役立つ切り方 煮物に役立つ切り方

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク