たらの白子(雲子)の下処理方法とコツ【食材の下ごしらえ】

スポンサーリンク



「食材の下処理とコツ」

今回は、たらの白子(雲子)の下ごしらえをご紹介したいと思いますので、冬の献立や和食調理にお役立てください。

魚介類の下ごしらえ

たら白子の下処理方法とコツ

【1】最初に、たらの内臓を傷つけないよう包丁で切り込んで腹を開けてください。

腹に包丁を入れるときには、刃先を尻びれ横の肛門に刺し込んで、刃を外側にむけながら頭の方に切り進むと、内臓に傷をつけずに開けられます。

■ この包丁を「逆さ包丁」といいます。

【2】次に、包丁を持っていない方の手を内臓に添えながら、傷をつけないよう白子と内臓を切りはなしてください。

【3】そして、白子を1時間ていど水にさらしたあと、ひと口だいに切り分けて、薄い塩水で洗うと「白子の下処理」が完了です。

■ このあと、使用するまでに時間がある場合は、氷みずにつけて、冷蔵庫で保存してください。

白子を切り分けるときのコツ

白子はやわらかく、グニュグニュとして切りにくいですから、一旦まな板に置いて、切り分けたい大きさを包丁を持っていない方の手の中で包むように持ち上げながら、刃先を使って薄皮を切ると、簡単に切りはなせます。

雲子とは

たらの白子の別名で、雲のような形をしていることから、この名があります。

今回のたらは冬が旬で、寒い時期には欠かせない食材ですから、白子ポン酢や天ぷらなどを作る際の参考にしてください。

【関連】

⇒「冬の料理一覧」へ

⇒「冬の食材一覧」へ

⇒「冬の献立一覧」へ

⇒「食材の下ごしらえ一覧」へ

■料理を作るときの調味料割合につきましては⇒「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますので参考にしてください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク