料理の雑学、豆知識一覧

スポンサーリンク

羊羹(ようかん)の語源、意味、由来【和食の料理用語集】

今回は羊かんの語源や意味をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。料理用語集【和食の歴史】羊羹は「さお物菓子」と呼ばれる菓子のひとつで、あんに砂糖、寒天を加えて練り固めるものを練り羊羹、水羊羹といい、あんに砂糖、小麦粉、または葛粉を加えて蒸したものを蒸し羊羹といいます。

ぶりの子供ではない秋田名物の鰤子(ぶりこ)とは【和食の料理用語集】

鰤子(ぶりこ)とは秋田近海で採れる「はたはたの卵」のことで、はたはたと同様に秋田県の名物として、生のまま醤油をかけたり、和え物や汁物に使います。鰤子の由来(いわれ)旧幕時代に、はたはたを保護するという理由で漁獲を禁じていたため、漁師や漁業者が「ぶりの卵」と偽って販売したことからこの名があるとされます。

スポンサーリンク