秋の飾り切り,菊人参の切り方とコツ,秋の料理演出【日本料理のむきもの】

スポンサーリンク


秋の飾り切り【菊人参のコツ】

今回の飾り切りは重陽の節句(9/9)の花にもなっている菊の切り方を人参を使ってご紹介したいと思います。

この菊人参は刺身飾りや煮物、秋会席料理の演出に利用できますのでお役立てください。

秋の飾り切り【菊人参】の切り方

IMG_2258

菊人参の切り方とコツ

「切り方」

【1】まず、人参を輪切りにしてください。

IMG_2228

そして、爪ようじなどで目安になる十文字を作り、その4か所に切り込みを入れてください。

IMG_2252

↓↓↓

IMG_2253

【2】次に、切り込みの間を3等分して、人参全体に切り込みを入れてください。

IMG_2254

↓↓↓

IMG_2255

【3】この後、切り込みを入れた角に丸みをつけてください。

IMG_2256

【4】そして、人参全体の角に丸みをつけると「菊人参」の完成です。

IMG_2258

この【菊人参】は秋の料理に役立ちますので参考にしてください。

■尚、菊の飾り切りで花弁数16枚は等分しやすく切り込みが入れやすいですが、16枚の菊は「家紋」として使用されているため、日本料理で野菜のむきものや菊形の料理を作る場合は、しきたりと作法を重んじ敬意を表して他の数にするのが一般的です。

【秋の飾り切り関連】

⇒「紅葉人参の切り方とコツ

IMG_0639

⇒「いちょう大根の切り方とコツ

IMG_2034

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

野菜の飾り切りとコツ一覧

【関連】

≫「刺身の盛りつけに役立つわさび台

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報