スポンサーリンク

向付け(むこうづけ)の意味とは【和食の献立 料理用語集】

茶懐石料理の膳で手前に置く飯と汁の両椀に対して、器を向こう側に置くところからつけられた、なますや刺身の名称です。【関連】刺身の詳しい内容につきましては⇒「刺身の語源、由来とは、和食の料理用語集【向付け】」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

水物(みずもの)の意味とは【和食の献立、料理用語集】

水物とは水分を多く含んでいる食品のことで、果物、かき氷、飲料などをいいます。そして、会席膳ではデザートに果物やシャーベットを多く使いますので、この名を用いています。【関連】他の献立につきましては「それぞれの意味一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク