和え物レシピ関連一覧

スポンサーリンク

枝豆のうに和えの作り方手順

夏の食材【和え物の献立】枝豆のうに和えの作り方手順①最初に、枝豆を塩ゆでしてざるに上げ、十分に冷やしてください。②次に、練りうにの塩分を確認して、濃い場合は卵黄を加えてください。

春の焼き物や和え物に使える【ふきのとう味噌の作り方】

今回は晩冬から市場に出回る蕗の薹(ふきのとう)を使った合わせ味噌をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や焼き物の参考にされてはいかがでしょうか。春食材の合わせ味噌【ふきのとうの下処理工程】手順①最初に、ふきのとうを細かく刻んで灰から取った上澄み液(灰あく汁)または重曹を少量加えた湯を沸かしてください。

青よせの詳しい作り方と割合【基本手順と調理のコツ】

【青寄せ(あおよせ)の作り方】今回は木の芽みその緑色をおぎなうときに使う「青寄せ」をご紹介したいと思いますので、焼き物や和え物の参考にされてはいかがでしょうか。ほうれん草の葉で作る方法【1】最初に、ほうれん草1束分の軸を手でちぎり取り、柔らかい葉の部分だけにしてください。

旨出汁(うまだし)を作るときの調味料割合【和食の配合手帳】

今回は旨だしの簡単な割合をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。■だしと調味料を合わせてひと煮立ちさせ、かつお節を加えて静かに漉してください。だしの量を調節し、割合を【7:1:1】や【8:1:1】等に変化させると、塩分を含んだ料理にも使えます。

皮付き【りんごの果物酢】酢の物に使えるりんご酢の作り方と割合

酢の物用合わせ酢【皮付きりんご酢の作り方手順】今回はりんごが持つ自然の甘味をいかしたフルーツ酢をご紹介したいと思いますので、酢の物の献立や和え物の参考にされてはいかがでしょうか。【りんご酢の作り方①】最初に、かつお節の風味をきかせた「土佐酢」を作ってください。土佐酢の詳しい割合につきましては≫「土佐酢を作るときの簡単な調味料割合」に掲載しております。

白和えの衣(白地)の作り方と調味料割合【和え物関連レシピ】

今回は豆腐を使った白和えの衣をご紹介したいと思います。【関連】≫しめじと菊菜の白和えの作り方■春の白和えに使うことが多いわらびの下処理方法につきましては「わらびのアク抜き方法と灰あく汁の作り方」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

白和えの衣の調味料割合【豆腐と調味料の細かい割合比率】

白和えの衣(白地)の調味料割合■今回は白和えの衣をご紹介したいと思いますので、あえ物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。豆腐は重しをかけて、水けをしぼってください。そして、水けが足りない場合や旨味を加えるときは、だし汁で調節してください。【関連】⇒和食の調味料割合と配合一覧

杉盛り(すぎもり)の意味とは【和食の料理用語集】

今回は盛りつけ方法の【杉盛り】の意味をご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。【杉盛り(すぎもり)とは】小鉢に和え物や酢の物を盛るときの基本の形で、山型にうず高く盛りつけ、杉形(すぎなり)に盛るという意味があります。杉形(すぎなり)とは、杉の立木のように上部を細くした形をいいます。

塩くらげの下処理方法と使い方

食材の下処理方法【海月、水母(くらげ)】今回は、塩くらげの使い方をご紹介したいと思いますので、酢の物の献立や小鉢料理の参考にされてはいかがでしょうか。塩くらげの使い方①塩抜き工程②湯に通す工程③味つけの工程

スポンサーリンク