焼き物レシピ関連一覧

スポンサーリンク

丸十のごま塩焼きの作り方【さつま芋の前菜、八寸、焼き物レシピ】

今回はシロップ煮の「さつま芋」に、ごま塩を振りかけた焼き物レシピをご紹介したいと思いますので、料理のあしらいや八寸の献立、前菜などの参考にされてはいかがでしょうか。丸十とは、さつま芋の別名として使う言葉で、薩摩藩の家紋からつけられています。関連≫あしらいの意味とは

くじら独特のにおいをやわらげる珍味【みそ漬けの作り方と割合】

くじら肉の臭みをやわらげて【食べやすくする方法】鯨の味噌漬け(くじらのみそづけ)今回は刺身用のくじらを使った味噌漬けをご紹介したいと思いますので、少量を珍味として出したり、細く切って和え物にする、または串を刺して焼くなど、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

鯵(あじ)の干物で簡単に酢の物を作る方法

鯵(あじ)の干物で作れる酢の物レシピ、今回は鯵の干物を使った簡単な酢の物をご紹介したいと思いますので、小鉢料理や和え物の参考にされてはいかがでしょうか。他のレシピにつきましては≫「酢の物レシピ一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

花型レモンの飾り切り方法とコツ【菊花むきの詳しい切り方+用途と効果】

菊型【花むきレモンの用途と効果】レモンを器に敷いて和え物や酢の物を盛りつけたり、揚げ物や刺身の大皿盛り等に使うと黄色がさえて見栄え良く仕上がります。また、レモンを使ったドリンクのレモンティーやカクテル等にも役立ちますので、飾り切り技術の参考にされてはいかがでしょうか。

鮎の風干し【たでの葉干しの作り方】中骨は唐揚げや骨せんべいに使えます

夏の食材【鮎(あゆ)料理】今回は鮎の一夜干しに「たでの葉」をつける焼き物をご紹介したいと思いますので、八寸の献立や前菜の参考にされてはいかがでしょうか①最初に、頭を切り落として大名おろしにした鮎の腹骨を包丁ですき取り、うす塩をあてて30分間おいてください。

焼き物のつけだれ割合【青魚やくせが強めの魚に使用する焼きだれ】

今回は酒、醤油、みりんにおろししょうがを加えた焼きだれ割合をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【作り方と使い方】分量の調味料に魚とおろししょうがを入れて20~25分程度漬け込み、たれをきって火にかけてください。

スポンサーリンク