料理用語辞典50音順【ほ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【ほ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【ほ】~

ボイル

西洋料理の調理法のひとつで、ゆで上げることを意味しています。

フランス語で「ブイイール」といいます。

ぼうぎり「棒切り」

材料を棒状に切る方法で、ひょうしぎ切りの長いものや、約1㎝角で10㎝程度の長さに切って料理の形状を市松模様にする際に用います。

(例)

大根と人参の市松、アスパラと人参の市松

【関連記事】

和食の基本【30種】

野菜の切り方 25種+むき方 5種

ほうしょがみ「奉書紙」

コウゾというクワ科の植物を主原料としてすいた和紙のことです。

純白でしわがなく、きめ細かいのが特徴で、奉書(上意を奉じて下す命令の文章)に用いていたことからこの名があります。

ぼうずなべ「坊主鍋」

主に和食の専門家が用いる持ち手のない鍋のことで、やっとこ鍋、だるま鍋ともいいます。

ほうちょう「包丁」

代表的な調理器具のひとつで、もともとは料理人のことをさす言葉でしたが、現在では食品を切ったり割いたりするものを総称して「包丁」と呼んでいます。

ほうとう

山梨県の代表的な郷土料理で、カボチャ、サトイモ、ダイコン、ニンジン、ネギなど有り合せの季節の材料を入れたみそ汁に、手打ちの生うどん(ほうとう)をゆでずにそのまま入れて煮込んだものです。

ぼうぶら

かぼちゃのことで、北陸、中国、九州などでこの名が使われています。

この名は、ポルトガル語(abobraが転じたもの)に由来するとされています。

ほうらくやき「炮烙焼き」

ほうろく焼きともいい、ほうらくに法楽や宝楽の字を当て献立名に用いたりします。

ほうろく「焙烙」

素焼きで平たい丸皿形の土鍋で、別名「ほうらく、いり鍋など」です。

ほそづくり「細造り」

おろした身を細長く切る作り方で、主に身の幅が狭い魚(さより、鮎)、白身魚、烏賊などに使われる手法です。

身が厚い場合は、そぎ切りにして身を薄くし、その切った身の厚さに幅を揃えて細く切り進んでください。

(主な用途)

懐石料理の向付け、魚介類の和え物など

【関連】⇒刺身の種類と造りの名称一覧

【次のページ】

料理用語の基礎知識【ほた~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク