赤煮(あかに)の意味~和食の料理用語、豆知識集

スポンサーリンク


赤煮「あかに」とは

和食の料理用語集

赤煮「あかに」

皮のかたい魚や、くせのある魚を煮るときの調理法で、あゆ、いわしなどにむいています。

味つけは酒、みりん、さとう、たまり醤油などで調味し、落としぶたをして煮汁が半分ていどになるまで、とろ火でこってりと仕上げてください。

≫「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物用語集、語源、由来、豆知識一覧

焼き物用語、語源、由来、豆知識一覧

和食の焼き物、串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

≫「季節別~旬の食材一覧表

≫「煮物に役立つ飾り切り一覧

≫「煮汁の割合と配合50音一覧

≫「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

≫「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

≫「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報