落雁(らくがん)の意味【和食の雑学,料理用語集】

スポンサーリンク


落雁「らくがん」の意味

和食の料理用語集

落雁「らくがん」

代表的な打ち菓子のひとつで、米、麦、ダイズ、アズキ、アワなどの粉に砂糖や水あめを加えて練り、木型に詰めて形作ったあと、焙炉(ほいろ)で乾燥させたものです。

歴史は古く室町時代にさかのぼり、らくがんの名は唐菓子の軟落甘(なんらくかん)がなまったもので、のちに近江八景のひとつ「堅田の落雁」から「落雁」の字をあてるようになったといわれています。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報