料理用語辞典50音順【あら~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク



料理用語辞典【あら~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【あら】~

あら「粗」

魚をおろしたあとの頭、中骨、腹骨、かまなどのことです。

あらい「洗い」

刺身の手法のひとつで、そぎ切り、へぎ切り、細切りにした身を冷水の中に入れて切り身を立たせる調理法です。

臭みの強い魚に用いることが多く、洗いにすると余分な脂分や臭みが抜け落ちます。

あらいねぎ「洗い葱」

小口から細かく刻んだねぎを水でさらしてぬめりを洗い流し、水分をよく切ったもので薬味として多く用いられます。

【関連記事】

野菜の切り方~基本30種

切り方25種+むき方5つ

あらに「粗煮」

魚のあらや身のついた中骨、かまなどを濃厚な煮汁でこってりを煮た料理です。

【関連記事】

鯛のあら煮~簡単な割合とコツ

たい,鯛,あら煮,あら炊き

あられぎり「霰切り」

材料を約0.5㎝角の小さなさいの目状にする切り方で、形があられ(霰)に似ていることからこの名があります。

(例)

あられ切りにした長芋や胡瓜と、いくらの醤油漬けをサッと和えたものを「あられ和え」と献立に書く場合があります。

【関連記事】

■ 和食の基本【30種】

野菜の切り方25種+基本のむき方5種

【次のページ】

料理用語【あり~】

■⇒料理の雑学一覧

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク