稚鰤(わらさ)の意味とは【和食の雑学、料理用語集】

稚鰤「わらさ」とは

スポンサーリンク

和食の料理用語集

稚鰤「わらさ」

関東地方で体長60cmほどのブリの若魚をさす呼び名で、養殖ものを「ハマチ」天然ものを「ワラサ」と区別することもあります。

■ 出世魚で有名なブリの呼び名

主に、関西地方ではツバス⇒ワカサ⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリといいます。

また、関東と関西で呼び名が少し変わり、関東地方では20㎝前後をワカシやワカナゴ、40㎝くらいまでをイナダ、60㎝くらいをワラサ、90㎝以上をブリと呼んでいます。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク