料理用語辞典50音順【ぬた~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【ぬた~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【ぬた】~

ぬた「饅、沼田」

魚介類や野菜類を酢味噌で和えた料理です。

ぬたを漢字で「沼田」と書くのは、とろりとした「みそ」の感じが沼田を連想させるということからといわれています。

【関連記事】

酢味噌和えに役立つ玉味噌の作り方と割合

ぬっぺいじる「能平汁、濃餅汁」

①岩手県の郷土料理で、一種のとろろ汁のことです。

のっぺい汁の別名です。

ぬめり「滑り」

ウナギ、アナゴ、サトイモ、ヤマイモなどのヌルヌルとした粘液のようなもののことです。

このぬめりが食感として好まれている食材にはジュンサイ、ナメコ、ナマコなどがあります。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【ね~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報