料理用語辞典50音順【あお~】調理雑学,語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【あお~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しておりますのでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典50音【あお~】

あおい「葵」

ソバの葉がアオイの葉に形が似ていることから、ソバの美称として使われる言葉です。

あおいぐし「葵串」

串打ち方法のひとつで、両褄折り(りょうづまおり)の別名称です。

名の由来は串を打ったときの形状が「葵の家紋」に似ているところからきていて、時代劇で有名な「この紋所が目に入らぬか」の印籠の家紋が「三つ葉葵」です。

3枚におろした魚の皮目を下に向けて、身の両側を折り曲げて串を打ちます。

この串は身の細長い魚に向く打ち方で、カマス、サヨリ、サンマなどで多く使います。

【関連記事】

⇒「和食の焼き物手法~串の打ち方一覧

あおごじる「青呉汁」

呉汁のひとつで、エダマメで作った呉汁のこと。

ゆでたエダマメをすりつぶしてみそ汁でのばした夏の料理です。

あおじる「青汁」

①ホウレンソウをゆでて白みそとともによくすりつぶしてダシでのばし、漉して作ったみそ汁のことです。

②青菜をしぼって作ったジュースの総称です。

あおに「青煮」

煮物のひとつで、緑色の豆や野菜など、材料の色を生かして煮上げる煮物のことです。

【参考】

青味野菜の葉物を色よく煮る方法2つ

じめじ水菜お浸し

【次のページ】

料理用語【あおみ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報