料理用語辞典50音順【あた~】調理雑学,語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【あた~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【あた】~

あたりごま「当たり胡麻」

煎ったごまをすり鉢(当たり鉢)で油が出るまでよくすったごまのことで、ごま和えやごま豆腐に用いることが多いです。

あたる「当たる」

意味の広い言葉で、調理用語として代表的なものは6つあります。

①ゴマなどをすること。

②焦げつくこと。

③骨を抜くこと。

④果実などが腐ること。

⑤中毒すること。

⑥数を数えること。

あちゃら

いろいろなものを取り合わせるという意味があり、和え物や漬物によく使われる言葉です。

あつもの「羹」

熱い汁物のことで、のちに精進料理の発達に伴って汁の実に植物性の材料を用いたものをいうようになり、魚肉などの動物性の材料を用いた熱い汁物を臛(かく)といって区別されています。

【次のページ】

料理用語【あな~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報