料理用語辞典50音順【し~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【し~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【し】~

しいざかな「強肴」

懐石料理の献立において、一汁三菜、箸洗い、八寸の他に進めるもので、焚き合わせや和え物などがあります。

また、進肴(すすめざかな)や追肴(おいざかな)ともいいます。

本来はめでたい茶事で用いられた献立名ですが、現在では常に用いられることが多くなりました。

茶懐石料理の由来と献立の名称~順番

■⇒ちゃかいせきりょうり「茶懐石料理」につきましては、別記事に詳しく掲載しておりますので参考にしてください。

しおいり「塩炒り・塩煎り」

材料に塩を加えていりあげたもので、塩いりぎんなん、塩いり豆などがあります。

【参考】

家庭で作れるぎんなんの塩炒りレシピ

IMG_2653

しおがまやき「塩釜焼き」

焼き物のひとつで、材料を塩で包み天火で焼いたものです。

そのままか、あるいは紙で包んだ材料の周りを塩なたは、卵白を混ぜ合わせた塩で覆い天火を使って蒸し焼きにして白身魚や松茸などが多く用いられます。

塩釜は、昔、海水から塩を精製する際に用いたかまどで、塩田の塩釜の熱い塩の中に採れたての魚を埋めて蒸し焼きにしたのがこの料理の始まりをされています。

しおだし「塩出し」

塩蔵材料を水または、薄い塩水に漬けて余分な塩気を抜き、程よい塩加減にすることです。

しおちゃ「塩茶」

少量の食塩を入れた湯飲み茶碗に熱い番茶を注ぎ入れたもので、酔いざましのほか、食事のあとの口をさっぱりとさせる効果があります。

しおはっぽう「塩八方」

塩を使って色をつけないようにした合わせだしのことです。

【関連記事】

薄口八方、濃口八方、酒八方、塩八方

【4種類】の八方だしの作り方

しおびき「塩引き」

塩ザケ、塩マスなど塩蔵した魚類のことで一般に塩ザケのことをさしています。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【しか~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報