料理用語辞典50音順【つ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【つ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【つ】~

つかみ「掴み」

①鍋をつかむ道具のこと。

②塩や砂糖などの調味料を手でひとつかみにし、目分量で量る「手ばかり」のことです。

つきこんにゃく「突き蒟蒻」

トコロテンのように、天突きと呼ばれる道具を使って突き出されるコンニャクの一種です。

つきだし「突出し、付き出し」

お通しともいい、酒の席で最初に出す酒の肴(さかな)のことです。

つきみ「月見」

卵黄を月に見立てた料理につける名称です。

つくだに「佃煮」

保存食品として作られる煮物で、つくだ煮の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。

この名の由来については、現在の東京都、中央区の南東部にある佃島に移り住んだ漁師たちが、使い物にならない小魚を煮つめたのが始まりとされています。

つくねやき「捏ね焼き」

ひと口大に丸めたつくねを天火や直火で焼いたもので、串に刺して前菜や口取りなどに用います。

つくばね「筑波根」

名古屋の熱田神宮の名物で、米粉に砂糖、香料を加えて蒸し「追い羽根」の羽根の形に作ったものです。

つくばね「衝羽根」

ビャクタン科の半寄生落葉低木で、杉やモミなどの根に寄生する植物です。

羽子板でつく羽根に似ていることから、お正月の飾りや御節料理に用いられます。

【正月料理の関連記事】

上巳の節句に食べる七草がゆ

七草がゆを食べる理由と意味!

1月7日の七草がゆ

春の七草~種類と特徴!では秋の七草とは?

おせち料理の献立集

正月~おせち料理~三段重お献立一覧

おせち料理とは!

おせち料理の語源、意味、由来

おせち料理が持つ幸福の理由と願い

【節分料理の関連記事】

2月3日の節分とは!節分の由来と風習

⇒「豆まきの由来といわしを食べる理由

⇒「巻き寿司の詳しい巻き方と、コツ!

巻きずし3かん

つけだい「付け台」

お寿司屋さんで握った寿司を置く、お客様の前にある台のことです。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【つな~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報