料理用語辞典50音順【みそ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【みそ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【みそ】~

みぞれ「霙」

①みぞれの様子に似せて作った料理につける名称で、主にダイコンやカブラをおろしたものを使います。

②削り氷に砂糖みつをかけたものです。

みついしこんぶ「三石昆布」

北海道の日高地方が主な産地で、名前の由来は三石町に由来します。

【関連記事】日本料理

和食の味を決めるだし~昆布のお話し

みどりず「緑酢」

すりおろしたキュウリと合わせ酢を混ぜ合わせた緑色の調味酢です。

みなづき「水無月」

6月の別名で、日本料理の献立にはこちらを用いることが多いです。

【参考】

夏の和食献立、水無月の献立一覧

ミョウバン

古くから井戸水など、水の浄化法として清澄剤に用いられてるミョウバンは、硫酸アルミニウムとアルカリ金属、カリウム、アンモニュームなどのような一価金属の硫酸塩とが作る復塩で、単にミョウバンと言えばカリウムアンモニュームミョウバンをさすことが多いです。

調理の際の役割としては甘露煮、含め煮の煮くずれを防いだり、なすの漬け物の色を安定化させて色よく仕上げる働きがあります。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【む~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク