料理用語辞典50音順【に~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【に~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【に】~

にあわせ「煮合わせ」

炊き合わせの別名称です。

【煮合わせ関連記事】

煮物に役立つ~煮汁の割合一覧表

いかげそをやわらかく煮る方法

いかと大根の炊き合わせ【日本料理】

【関連ブログ】

和食に役立つ~日本料理献立集

献立四季報「春夏秋冬」味暦

簡単、煮物レシピ~煮汁の割合

にきり「煮切」

アルコール濃度の高い酒類は料理の妨げになることがあり、そのアルコール分を除いて酒臭さをなくしたものや調理方法のことです。

にこごり「煮凝り」

魚の煮汁が冷えてゼリー状に固まったもので、この凝結する性質を利用して材料を煮つめ、冷やして固めた料理のことです。

フグの皮を使った煮凝り(鉄皮の煮凝り)やヒラメの煮凝りがよく知られていますが、他にもサメ(フカ)などでも作ります。

また、ゼラチンや寒天を補う場合もあります。

夏野菜の煮凝りなどの場合は、ゼラチンと寒天が凝結材料の主になります。

にごりざけ「濁り酒」

現在は大きな枠組みでこの言葉がよく使われていますが、本来はどぶろくのことです。

にこんぶ「煮昆布」

煮物に使われるこんぶの総称で、煮物に適したこんぶといえば、日高昆布、三石昆布、長昆布などがあります。

また、早煮こんぶとして1度蒸してから再び乾燥させた加工品が作られています。

にしき(にしょく)あげ「二色揚げ」

同じ材料に2種類のちがう衣をつけて揚げ盛り合わせた料理。

また、2種類の材料を適当な大きさに切り、かき揚げにしたものにも使われている言葉です。

にしめ「煮染」

煮物のひとつで、野菜や乾物類の形を崩さずに時間をかけてじっくりと煮た料理の総称です。

また、煮しめは一度に炊き上げずに煮ては冷まし、煮ては冷ましを繰り返して味を含ませるのが一般的です。

そして、煮しめの基本的な作り方は材料が十分に煮汁を含んで、鍋の煮汁が少し残っている程度まで煮詰め、おせち料理の重詰めや折り詰め、またお弁当に入っていることが多い理由は、汁気が少なくて味がしっかりと染み込んでいるためです。

【煮しめ関連レシピ】

おせち料理の煮しめとは!

割合で簡単に作る方法

にしん「鰊、鯡」

ニシン科の海魚で、体長は約25㎝です。

にしんは春になると北海道沿岸に接岸するので「春告げ魚」とも呼ばれています。

そして、産卵期をむかえる春~初夏にかけて脂がのり、味が良くなります。

【にしん関連レシピ】

ソフトにしんの下処理方法

簡単に作れる照り焼きレシピ

【次のページ】

料理用語の基礎知識【には~】

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報