料理用語辞典50音順【おか~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【おか~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【おか】~

おかか

カツオ節の女房詞(にょうぼうことば)です。

おかき「御欠」

かきもちの別名です。

おかざきに「岡崎煮」

イワシ料理のひとつで、だし汁に酒を加えた煮汁でイワシを下煮して、みそ、醤油、砂糖で味をつけた料理のことです。

主に、粉ざんしょうを振って食べます。

おがさわらりゅう「小笠原流」

礼法、弓術、馬術の一流派で、平安末期の弓術家小笠原長清を祖とする流派です。

武家社会が崩壊した明治以降も、生活規範、武術、古実などを伝承しています。

おかしらつき「尾頭付き」

尾も頭も取り除かれることなく、完全に姿の整った魚のことで、神事や祝膳に用いられます。

特に、タイの尾頭つきはめでたいものとされ、祝の膳には欠かせない焼き物です。

また、尾頭つきの焼き物を「姿焼き」ともいいます。

おがみ「尾紙」

尾ヒレを包んで飾る水引きをつけた紙のことで婚礼など、祝儀料理のタイに多く用いられています。

おがわ「小川」

イカなどのすり身を薄くのして、からすみ、鮭の燻製(くんせい)などを巻き込んだり重ねた料理で、酢でしめるなどして小口切りにします。

そして、この名の由来は盛りつけた際に、小川のように見えることからつけられています。

おぐら「小倉」

アズキを用いた料理や菓子の総称として使われますが、色を京都・小倉山の紅葉にたとえたものなどもこの名前がつけられています。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【おし~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク