再仕込み醤油(さいしこみしょうゆ)の意味,和食の雑学【料理用語集】

再仕込み醤油「さいしこみしょうゆ」とは

スポンサーリンク

和食の料理用語集

再仕込み醤油「さいしこみしょうゆ」

しょうゆの一種で、濃口醤油と同じ製法で作ったしょうゆを仕込み水にして仕込み、再発酵させたものです。

2度醸造する形になることから、この名があります。

また、別名を「甘露醤油」といい、味が濃厚で色沢があり、たまり醤油よりも香りが高いので、かけ醤油として刺身、寿司に多く使います。

【関連】

寿司や刺身に役立つ笹の葉の切り方手順

笹の葉飾り切り

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク