料理用語辞典50音順【しや~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

スポンサーリンク


料理用語辞典【しや~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【しや】~

じゃかご「蛇籠」

本来の蛇籠(じゃかご)とは竹を粗く編んだ細長いかごのことで、護岸や水流を調節するために使われるものです。

そして、料理の用途としては甘酢漬けにして焼き物のあしらいに使いますので参考にしてください。

【関連記事】野菜の切り方~飾り切り一覧

蛇籠(じゃかご)蓮根の詳しい切り方

野菜の甘酢漬け方法~合わせ酢3つ

蓮根の切り方~飾り切り手順の一覧

じゃばら「蛇腹」

切り方のひとつで、主にキュウリを用います。

キュウリの太さ半分程度まで、端から薄く細かく斜めに切り込みをいれ、半回転させて同じように切り込みを入れると蛇腹状になります。

【関連記事】

蛇腹胡瓜の詳しい切り方とコツ

和食のむきもの、野菜の飾り切り一覧

しゃり「舎利」

米粒、米飯のことで、とくにすし屋の隠語としてすし屋で多く使われています。

舎利は梵語(ぼんご)で人間を火葬したあとに残る白い骨のことで、米に形が似ていることからこの名がついたとされています。

また、舎利の中でも仏舎利といって仏の骨を尊重して祭ったことから米を貴ぶ意味を含めた名であるとも考えられています。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【しゆ~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報