料理用語辞典50音順【そき~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【そき~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【そき】~

そぎぎり「削ぎ切り」

切り方のひとつで、材料に対して包丁を右斜めに寝かしながら入れて削ぐように切る方法です。

そぎづくり「削ぎ造り(作り)」

主に鯛や鮃などの身が引き締まった白身魚で使われる手法でへぎ造りともいい、寿司ネタを切る場合、この方法で切ることが多いです。

さく取りした身に対して包丁を右斜めに寝かして入れ、そぐようにして引き切りします。

そして、包丁の寝かせ具合(傾ける角度)によって身幅を調節しながら、どの切り身も同じ大きさになるように切り進みます。

【関連】⇒刺身の種類と造りの名称一覧

そじゅう「素汁」

普茶料理の献立のひとつで、みそ汁のことです。

そとびき「外引き」

刺身を作るときの皮の引き方のひとつで、魚を柵取りしたあと皮目を下にして、尾を左に向けて包丁の刃を外側(右側)に向かって切り進め皮を引きます。

そばがき「蕎麦掻き」

最も手軽で、古くから行われているソバの食べ方です。

ソバ粉に熱湯を注ぎながらかき混ぜ、耳たぶ程度の固さになったところを、好みのつゆをつけて食べる方法です。

【関連記事】

温そばだしの割合と簡単な作り方

天だし、めんつゆ、湯豆腐だれレシピ

そばずし「蕎麦寿司」

ソバをのりで巻いたもので、ソバに甘酢を含ませのりで巻きます。

そばゆ「蕎麦湯」

ソバをゆでたあとの湯で、ソバつゆを加えて飲みます。

そぼろ

ひき肉や魚、エビをゆでてほぐしたものや溶き卵を、ばらばらになるように炒りつけたものです。

【関連記事】

かぼちゃを煮くれさせない煮物レシピ

鶏の旨味で煮る~かぼちゃのそぼろ煮

鶏そぼろをパラパラにする方法とコツ!

冬の煮物~かぶの鶏そぼろ煮レシピ

【かぶの煮物~関連レシピ】

かぶの持ち味をいかした

「~風呂吹きかぶらの作り方

そらばし「空箸、逸箸」

嫌い箸のひとつで、料理に箸をつけたあと、その料理を取らずに箸を引いて戻すことを「そら箸」といいます。

【関連記事】

箸の上手な使い方と作法

「和食のマナー 嫌い箸 13選」

【和の文化】和食の決まり事

⇒日本人が茶碗を持って食べる理由

【次のページ】

料理用語の基礎知識【た~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク