対比効果とは(たいひこうか)の意味【和食の雑学,料理用語集】

対比効果「たいひこうか」の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

対比効果「たいひこうか」

あん、汁粉などに少量の塩、または醤油を加えると甘味が強められて味が複雑になります。

このように、異なる2つの味があった場合に片方の味が、もう片方の味を引き立てる現象を対比効果と呼んでいます。

甘味と塩味、旨味と塩味、苦味と酸味などです。

【関連】

対比効果の詳しい内容につきましては「味つけのコツ!味の効果4つ、相乗、対比、抑制、変調効果」に掲載しておりますので参考にしてください。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク