袱紗寿司(ふくさずし)とは【和食の料理用語集】

【袱紗寿司(ふくさずし)】

今回は袱紗寿司(ふくさずし)の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

和食の料理用語集

袱紗寿司(ふくさずし)とは

広げた金紙玉子や油揚げ等に寿司飯をのせて「袱紗包み」という方法で包んだ寿司の名称で、細長く切った昆布や塩ゆでした三つ葉で結んだり、飾り串でとめたりします。

■ 袱紗包みとは、進物や祝儀袋を包むときの方法です。

そして、包み方を茶巾包みにした場合は「茶巾寿司」といいます。

【関連】

料理用語の袱紗(ふくさ)とは

料理の本来の意味とは

【料理の意味】今回は料理の本来の意味と、現在使われている主な言葉をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【語意】≫料理という言葉には「はかりおさめる」という意味があります。本来の言葉の意味とは≫【関連】調理の意味とは

日本料理の献立の意味一覧

今回は日本料理で使う献立の意味を整理いたしましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各献立に移動いたします。※本文中の献立名には送り仮名をつけておりますが、実際には漢字のみで表すことが多いです。

献立別の料理用語集まとめを見る

他の料理用語につきましては≫「料理の雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報