繁縷とは(はこべ)の意味【和食の雑学,料理用語集】

繁縷「はこべ」(はこべら)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

繁縷「はこべ」

なでしこ科の2年草で「春の七草」のひとつです。

朝日にあたると花を開くところから「あさしらげ」ともいい、山野に自生しています。

そして、茎は直立せずに地面をはうように生えています。

また、はこべは花がつく前に茎と葉を摘み取り、ゆでてお浸しや和え物にする他、汁の実や天ぷらにします。

【関連】

春の七草、その7種類の特徴とは?

1月7日の七草がゆを食べる理由!

1月15日の小豆がゆを食べる理由!

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク