料理用語辞典50音順【むつ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【むつ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【むつ】~

むつき「睦月」

1月の別名で、日本料理の献立にはこちらを用いることが多いです。

【参考】

冬の和食献立、睦月の献立一覧

むらさき「紫」

醤油のことです。

【関連記事】

和食に必要な味と香り「5つの醤油」

むらさきうまごやし「紫馬肥し」

アルファルファの別名です。

むらし「蒸らし」

炊飯の最後の過程で、火を消してそのまま一定時間おくことです。

この間に米粒のデンプンの糊化が行われ、周囲の水分が米粒に完全に吸収されるので、飯がふっくらとおいしく炊き上がります。

むらめ「柴芽」

赤ジソの芽で、刺身のつまや汁物の吸い口などに用いられます。

むろと和え「室戸和え」

酒盗(しゅとう)和えのことで、酒盗の材料となるカツオが高知県、室戸沖で多く水揚げされることからこの名がついています。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【め~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク