料理用語辞典50音順【め~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【め~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【め】~

めうち「目打ち」

①ウナギなど身の長い魚を割くときに用いるきり状の道具のことで、目の下あたりに刺し、まな板に固定させてさばきます。

②シラウオ、ワカサギなどの小さな魚を数匹並べて、目に細い竹串やようじを打つことをさします。

シラウオのいかだ焼きなどに用います。

めかぶ「芽株・和布蕪」

①ワカメの茎上部の両側にできた成実葉のことで、別名を「めかぶら」といいます。

②海藻の根の俗称として使われる言葉です。

めざし「目刺し」

干し物の一種で、塩分を含ませたイワシ類を片目から下あごにかけてワラで数匹ずつ刺し、乾燥させたものです。

ワラを目に刺すことからこの名があります。

めじろ

関西地方で、若いブリのことをメジロと呼び、関東地方のワラサにあたります。

「出世魚の代表」

ツバス⇒ハマチ⇒メジロ(ワラサ)⇒ブリ

※ハマチとメジロ(ワラサ)をひとつにしている地域もあります。

めねぎ「芽葱」

ネギの芽を利用したもので、施設栽培されています。

細くてやわらかく、汁物の椀づまや和え物の添えなどに用います。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【めは~】

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

スポンサーリンク