料理用語辞典50音順【いかだ~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【いかだ~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【いかだ】~

いかだ「筏」

① 細長い材料を適当な長さに切りそろえ、横に並べて串を打つなどしてつなげた形で、筏に見立てることから、この名があります。

② うなぎを開いて、長いまま何本か連ねて串を打ったあと、焼き上げた形です。

③ そば屋の隠語:こね方がやわらかいため、ゆで上がりがほぐれず「いかだ」のようにつながってしまった場合をいいます。

いかなご「玉筋魚」

イカナゴ科の海魚で、体は細長く、背は褐色、腹側は銀白色をしています。

いかのくろづくり「烏賊の黒作り」

富山県の郷土料理で、いか墨を加えた塩辛のことをいいます。

いかのしおから「烏賊の塩辛]

塩辛のなかで最も代表的なものです。

一般に、いかの細切りと肝臓に食塩を加え、熟成させて作ります。

そして、ゆずの細切り(針ゆず)を香りとして添える場合もあります。

針ゆずの詳しい切り方手順

煮物、吸い物、蒸し物の香りづけに役立つ果物、果実の飾り切り【針ゆずの切り方】今回は煮物や吸い物でよく使う「針ゆず」の切り方をご紹介したいと思いますので、料理の香りづけにお役立てください。

いかのせんい「烏賊の繊維」

いかは、縦と横の両方に繊維があるため、どちらか片方に切り込みを入れてから、細切りや薄切りにしないと、繊維が残ったままで、かたい状態になります。

このことから、いかには包丁目を入れて調理をしています。

■ 動物性食品⇒筋繊維

■ 植物性食品⇒食物繊維

烏賊をやわらかく煮る方法とコツ3つ

料理用語【いかま~】

料理の雑学一覧へ

料理用語集【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識50音

【参考】

飾り切り方法につきましては≫「和食の野菜飾り切り一覧検索」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報