萩御飯(はぎごはん)の意味,和食の料理用語、雑学集

萩御飯「はぎごはん」の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

萩御飯「はぎごはん」

ゆでた小豆を炊き込んだご飯、または、ゆで小豆を炊き上がりに混ぜた飯のことで「あずき飯」ともいい、小豆を萩の花に見に立てていることから、この名があります。

そして、器に盛りつける場合は枝豆、紫ずきん、ぎんなんなど、小豆と同じような形で緑色の食材を一緒に盛ると、葉と花を表現できます。

【関連】小豆がゆの詳しい内容~意味、由来につきましては「1月15日に小豆の入ったおかゆを食べる理由とは」に掲載しておりますので参考にしてください。

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

≫「料理の雑学一覧」へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク